読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もがいてる

俺たちいつまでも歳を取るのを楽しみにしてようなって話してる

夜間飛行 - 3

原文


《 San Julian est en vue ; nous atterrirons dans dix minutes. 》
Le radio navigant passait la nouvella à tous les postes de la ligne.
Sur deux mille cinq cents kilomètres, du détroit de Magellan à Buenos Aires, des escales semblables s'échelonnaient ; mais celle-ci s'ouvrait sur les frontières de la nuit comme, en Afrique sur le mystère, la dernière bourgade soumise.

試訳

「サン・ジュリアンを確認、10分後に着陸します」
航空無線技士は全ての基地局にこのメッセージを発信した。
2500km、およそマゼラン海峡からブエノスアイレスに至るまで、似たような中継地がいくつもあるが、サン・ジュリアンはちょうど夜の境目に座を据えているのだった。これは神秘に満ちたアフリカ、それも国境付近の慎ましい村のようである。

ノート

  • le radio navigant:航空無線技師かな?
  • du le détroit de Magellan à Buenos Aires:マゼラン海峡からブエノスアイレスまで
    • du A à B:AからBまで
  • escale:寄港、寄港時間
  • semblable:おなじような
  • echelonnaient:echelonner。s'echelonnerで 間隔を開けて並ぶ
  • celle-ci: celui/cell-ci, これ(=this one)
  • ouvrait:ouvrir。s'ouvrirで開く、通じる、始まる、目覚めるなど
  • frontières:国境
  • derniere:最後の、最新の
  • bourgade:村
  • soumise:従順な、従っている